読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水無月の余韻 開発Sc.

プログラミング関連の雑記

加賀ゆびぬきシミュレータ Android版をリリースしました

こんにちは。ひさびさにブログを書きます。

Androidユーザーの方々、お待たせしました! mm 加賀ゆびぬき刺し模様シミュレータのAndroid版をリリースしました。

結果的に、開発に一年以上かけてしまいました。 おとなとRubyで、「そろそろ1年経ってしまうので、年内にリリースしたい」と言いながら、1月末になりました。

iOSアプリの開発に比べると、いろいろと戸惑うことが多かった印象です。

  • そもそもちゃんと開発をしたことがなく、iOSアプリ以上に経験値がなかった
  • Theme, Styleの適用ルールを理解するまで時間がかかった
    • 特定にSupport Library から提供されるような、pre-set なThemeの使い方
  • Material Designは理解していないと、使いづらい
  • API versionごとに見た目が変わってしまうのが、どこに境界線があるのかわるまで時間がかかった

Material Design

特にMaterial Designにするのに苦労しました。

はじめはiOSアプリの見た目に揃えるつもりで、色を指定し、各所への適用を地道にやっておりました。 その結果、Material Designとはちょっと違う雰囲気の見た目にしあがっており、やぼったさが拭えません。

今年にはいってから、ちゃんとMaterial Designに乗るために、カラーパレットを設定しなおして、 Theme/Styleを再構築して、どうにからしいところまで持っていきました。

CI

開発を手伝ってくれた @slightair が、deploygateの配信まで繋げてくれるレーンを用意してくれました。ありがとう (-人-) それをベースに、テストやLicense Checkを追加したりして、いい感じに改造しています。

iOS版も簡単にCI配信するようにしたいと強く思いました。

リリース時期の計画

この週末まで、結の会 加賀ゆびぬき作品展が開催されていたので、それまでに出せているとベストだったのですが、 計画が足りていませんでした。

今後

Android版はiOS版に比べると、未実装の機能があるので、順次対応していきたいです。 ただ、iOS版でもあまり利用されていない機能などは対応しなくなるかもしれません。 アプリに対する要望などは、アプリ内から送れるようにしてあるので、遠慮なく送ってくださいね。

iOS版は、Android版の開発中に見つかったバグ修正を予定しつつ、ブラウザ版をどうしようかと悩み中です。